読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルーラの哲学。〜ヒッチハイクやってます〜

チャレンジ精神旺盛な男子大学生が日常の様々なことを綴るブログです!

ソーセージパーティー【感想/映画レビュー】

 

 

 

こんにちは!りゅーやです!

 

今回はアメリカで全世界興行収入1億ドル(約100億円)の大ヒットを収め、満を持して日本に上陸した『ソーセージパーティー』という映画を観てきたのでその感想を書いていこうと思います!

 

 

 

 

  • どんな映画?

 

あらすじです!

食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されている。きっと外の世界は「楽園」に違いないと。ソーセージのフランクは、パンで恋人のブレンダと結ばれ(合体♥し)ホットドッグになる運命だと信じている。ついに夢が叶う日が! 二人揃ってお客様がカートに! しかしテンションMAXではしゃぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。夢に破れ絶望するフランクとブレンダだが、実は命拾いしたことに気付く…なぜなら彼らは“食材”だからだ。「食われてタマるか!」 運命に逆う彼らの闘いがはじまる!
『ソーセージパーティー』公式HPより
 

f:id:oorsimcr0924:20170110014839j:image

 

 

 

もうイラストを見ただけでシュールですよねw

そして映画を観なくてもポスターから伝わる下品さ、もう笑うしかありませんね(笑)

 

率直な感想を述べると、最高にシュールで、良い意味でぶっ飛んだ作品でしたw w 

 

こんな作品日本人じゃ絶対作れないよなー…笑

作れたとしてもヤバすぎて大々的に宣伝もできないような内容でしたが(笑)

 

実際、日本で上映した映画館は5つしかなく、ひっそりとやっていたせいで日本ではあまりヒットしなかったみたいですね、残念です(´._.`)

 

 

f:id:oorsimcr0924:20170110020836j:image

 

この作品はアニメですが、ジャンルでいえば日本でもヒットしたテッドに近いんじゃないでしょうか?(どちらもR指定ですし)

ですがおそらくテッドの数倍は下品です、余裕で超えてきます(笑)

 

 

 

 

 

基本的にアメリカのスーパーマーケットを舞台に、そのスーパーの食材や商品たちによって繰り広げられる作品なのですが、その彼らの個性がものすごく豊かに表現されていて観ていてとても面白いです。

 

例えば、タコスであればメキシコの情熱的な女性を模して描かれていたり、ラバシュ(中東で食べられているパンの一種)は中東系の男性であったりと、その国の食べ物はその国の人種や国民性が反映されています。

 

「人種のサラダボウル」といわれるアメリカの作品だけあって、様々な人種が共存して形作られているアメリカという国を様々な商品が売られているスーパーマーケットに喩えて表現しているんでしょうね。

 

 

また、この作品にはレズビアンやゲイのキャラクターも存在しており、人種だけでなくそういったLGBTについても取り上げられています。

そして、それを個性としておもしろおかしく描かれている部分がこの作品の魅力の一部であるように僕は思います(^-^)

 

 

f:id:oorsimcr0924:20170110094321j:image

(ビデ。こいつがめちゃめちゃ強烈です(笑))

 

 

 

 

 

 

この作品では、現実の国交間や人種間の対立(中東系のラバシュと東欧系ユダヤ人のベーグルなど)がリアルに描かれており、基本的にどの商品も他に攻撃的です。


f:id:oorsimcr0924:20170110101231p:imagef:id:oorsimcr0924:20170110101253p:image

(ラバシュとベーグル)

 

最初はどの棚の商品も、

「自分たちが1番!!」

という主張ばかりで、序盤は自文化中心主義的に描かれているんですね。

 

そんな商品たちですが、終盤に天国だと思っていた外の世界の残酷な現実を知り、最終的には一致団結して人間を倒すんです!

そしてその後はみんなでパーティーをするんですね。

 

互いの違いを個性として文化相対主義に認め合うことで、個では発揮できない力を生み出すことができるということを示唆しています。

 

この作品のように現実の世界でもいつまでもいがみ合ってないで、互いを認め合い協力してこの世界をよくしていこうという製作側のメタファーのように私は感じました!

 

 

 

 

 

 

  • まとめ

 

予想以上にぶっ飛んだ作品でしたが、上で書いたような奥深さがあったりと良い意味で期待を裏切られた作品でした!

予告動画で面白そうってただそれだけの理由だったのにこんなに考えさせられるとは思わなかった(^_^;)

 

落ち込んでる時に観たら大抵のことはどーでもよくなりそう…(笑)

面白くてパワーが詰まってました(笑)

 

 

エロやグロ表現が多々あるので本当に苦手な人にはおすすめしません(笑)

多分本気で気持ち悪くなると思います、、笑

 

 

公開が1/12までなので、観に行けないけど興味がある人はDVD化したらぜひ観て見てくださいね!